男女

子供好きなら迷わず保育士【流れを知って採用に一歩前進】

高い時給

スーツの男女

家庭教師のバイトはまず高い時給が人気になっているひとつです。また経験がなくてもできることも人気のまたひとつです。メリットはほかにもコミュニケーション力や指導力が身につくことや達成感、やりがいを感じられます。近年では小学生の親御さんも家庭教師を頼む人も多く、需要は今後増えてきます。

詳しくはこちら

教えるスキルも身につく

男女

家庭教師のバイトは、バイト選びに迷ってる人にはおすすめです。何と言っても高い時給、そして時間の拘束もあまりないので他のバイトと掛け持ちしてさらに稼げます。人に教えるやりがいや楽しさを感じることが多く、これからの社会で必要なスキルも身に付けることができます。

詳しくはこちら

面接の流れ

勉強する女性

応募前に確認

子供が好きな人にとって一度は憧れる職業と言えば、やはり保育士ではないでしょうか。専門的な知識や技術が必要となるので、保育士になりたいのであれば資格を取得する必要があるでしょう。保育士の資格を取得してから求人に応募する事が出来るのです。また、資格を持っていれば転職も難しくないというメリットがあります。良い職場環境を求めているのなら、下調べを怠ってはいけません。多くの人は、紙面やネット上で求人探しをして、自分にとって好条件だと判断したらすぐに応募する傾向があります。職場が自宅から近かったり、給与に満足だったりするのは大切な事ですが、いざ働いてみて雰囲気が合わないなどのトラブルが起こる可能性はゼロではないのです。保育園の教育方針に納得出来るか確認したり、他の保育士の人柄はどうか調べたりすると良いでしょう。求人サイトなどでは園長や保育士の顔出しをしている事がありますが、それが無いのであれば面接の時にしっかりと見定めます。

面接で失敗しない為に

求人に応募をすると、採用か不採用を決める為の面接日を決めます。都合の良い日を作っておきましょう。当日は指定された時間に遅れないように、早めの行動を心がけます。保育士になる為の第一条件としては子供が好きという事が何よりですが、やはり大人としての一般常識や気配りなどが重要視されるでしょう。子供と関わる仕事とは言え、面接官は大人なので言葉遣いには気をつけなくてはなりません。また、保育士の面接だけに言える事ではありませんが、清潔感があるかどうかで印象は大きく変わってくるでしょう。転職の場合、前職を辞めた理由を質問される可能性は高いです。志望動機と共に答えを用意しておくようにしましょう。必要な資格と一般常識、それたら子供が好きという強い気持ちがあれば問題なく採用されるはずです。

かなり魅力がある仕事

スーツと履歴書

家庭教師のバイトには個人でする場合とセンターに紹介してもらう場合の二種類があり、どちらも依頼を受ける為には面談が重要となります。面談では明るく笑顔で接し、雰囲気に気を配ることが好印象を与えるポイントです。また指導の方針などを体験談を用いて説明すると相手に伝わりやすく信頼されやすくなります。

詳しくはこちら